定期預金ってどんなもの?

あなたは金融機関で口座開設をしたことはありますか?給料や年金の受取り、各種料金の引き落としなど、銀行口座はいまや生活に欠かせないものですから、複数の口座をお持ちの方も少なくないと思います。

口座を開設する時には、まずは普通預金口座を開設します。普通預金は入金、出金が自由にでき、当面の生活費などを預けておくのに最適な口座です。しかし、便利な反面、金利がとても低く設定されているのが特徴です。近年、日本は金利低下が続いており、さらにはマイナス金利の導入が発表されたことにより、銀行は預金金利をさらに引き下げています。定期預金も例外ではありませんが、普通預金で寝かせておいてはさらに低い金利しか適用されません。また、入出金の際にATM手数料などがかかることを考えると、手数料が利息を上回ってしまうこともよくあるのではないでしょうか。そこで、しばらく使う予定のない、ある程度まとまった金額が普通口座にある時には、定期預金として貯金しましょう。

定期預金とは、お金を預入れた日から一定期間、入金も出金もできません。また、最低預入額や上限額も定められています。このような条件があるものの、金利は普通預金よりも高く設定されています。預入期間は1か月〜10年まで様々で、預入れる際に好きな期間が選べますが、預入期間が長いものほど金利が高くなる傾向にあります。一般的に多く取り扱われているのは預入日から満期日までが1年の商品です。さらに預入金額によっても金利が変わります。多くの銀行は預入金額が300万を超える場合と、1000万円を超える場合の2段階で金利を引き上げています。また、銀行によってはボーナス時期に金利優遇のキャンペーンを行なったり、他の取引内容(給与受取やローンの利用があるかなど)に応じて優遇金利を設定することもあります。

預入期間が終わる日のことを満期日と言います。満期日にはそれまでの利息が金利に基づいて計算され、あらかじめ指定しておいた方法で利息を受け取ることができます。定期預金は満期日には解約することができますが、あらかじめ自動継続を選択しておくと、満期日に自動的に契約が更新され、同じ商品で引き続きお金を預けておくことができます。使う時期の決まっていないお金は自動継続にしておけば、満期日のたびに自分で手続きをする手間が省けます。なお、自動継続には2種類の方式あり、満期時の利息取扱いによって元利自動継続(利息は定期預金に組み入れる)と元金自動継続(利息は指定口座に振込む)に分かれます。また、満期自動解約が選択できる商品もあります。満期自動解約にしておくと、満期日には自動的に解約され、元金と利息が指定口座へ振込まれます。

定期預金のほとんどは固定金利の商品です。預入れた日の金利が満期日まで適用されます。自動継続を選択している場合には、自動継続時の金利が適用されますので、最初に預入れた時とは金利が変わる場合もあります。取引明細などは満期日のたびに確認しておきましょう。

なお、満期日までは原則として解約はできませんが、どうしても資金が必要な場合は中途解約として手続きをとることもできます。ただし、受取利息は中途解約金利として普通預金よりも低い適用金利となることがほとんどですので、注意が必要です。

現在、ほとんどの金融機関でインターネットバンキングが利用できるようになっています。銀行窓口へ出向くことなくほとんどの手続きがインターネット上で完結します。また、店舗を持たないインターネット専業銀行、いわゆるネット銀行、ネットバンクと呼ばれる銀行も様々な定期預金を取り扱っています。セブン銀行イオン銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行など、ほとんどのネット銀行が普通銀行よりも高金利の商品を揃えています。

定期預金は元本が保障される手堅い資産運用方法です。しかし、近年、定期預金という名前なのに、元本割れの可能性のある金融商品も販売されています。仕組み預金と呼ばれるもので、満期延長特約付の定期預金などが代表的な商品です。自分で商品を検索する場合には十分に商品内容を確認しましょう。